タカシマヤでストレス発散した翌日の24日、
みくぼんの学校での除草がありました。

親が除草なんて、他の学校はあるのだろうか
8時半に集合し、除草開始。
途中で子供も合流。
生徒数が少ないのに、運動場はむちゃくちゃ広い

かなごんはベビーカーに乗せておき、黙々と作業していると、
みくぼんの担任の先生がやってきて

「最近、みくぼんくんはお友達を叩いたり、押したりのトラブルがあります。
 4,5月はそんなことなかったのに急に・・・。
 みんながどうしたんだろうと言ってます。
 何か最近あったんですか?」と。

今までのみくぼんはわりと平和主義者で、
自分から手を出したりはしなかったように思う。
(幼稚園でもそう言われていたし)

先生の言葉は、意外で、ショックでした。

ただ、下校時に送ってくれる5年生の男の子への言葉使いが乱暴だということ、
(その5年生は何故か女王様しゃべりだけど・・・)
児童館に行きたくないと言い始めた事は気になっていました。

そして月曜の英語の教室と木曜のお習字。
両日とも3時下校で家に着くのは3時20分ごろになり、
両日とも4時には出発なので、おやつと宿題を済ませるとギリギリ。
(と言うか、放っておいたら間に合わない)ので、
こちらも「ほらほら、もう!」と急がせている。
これは以前から気になっていたので、
みくぼんには「帰ってからすぐだし、大変だからやめていいよ」と
言っていたのだけど、本人が「行く」と張り切っている。

先生には「『早くしなさい』が多いせいかもしれません」
と現状を説明しました。
先生もみくぼんのマイペースには気付いていので、
「わかりました、しばらく様子をみましょう、何かあったら電話を」と
言われました。

日本の母親が子供に一番多く多いう言葉は「早くしなさい」で、
言っても意味のない言葉だと頭に置いていても、
通学団に遅れるわけにはいかないと、「モーモー」とウシになっていた気がします。
健康に生まれたことを感謝することも忘れていた毎日。

みくぼんに何故そういうことをしたの聞いてみても、
「お友達が先に叩いたときもあるし、そうでないときもあるし・・・」と
よくわからない。
(ひょっとして、まだ言葉がわからないかなごんに、
 自分の大事なものとかを触られると、言葉より先に手が出てしまうのが、
 お友達にもそうしてしまったのかもとも思ったり)

今日の除草作業、
運動場をただグルグル歩いているだけの保護者もいて、
文句の一つも言いたくなったけど、
黙々と草を抜く作業、私の反省の場となって、ちょうど良かったのかな。

少々(かなり)、凹んだけれども・・・
スポンサーサイト
2008.06.30 Mon l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
私の朝は「もう」で始まります

長男みくぼん、朝が起きれません。
起きてくると居間でまず寝ます。
何度言っても起きないので、「早く着替えなさい、もう!」

朝食は何度言ってもの~んびり30分以上かけて食べいるので、
「早く食べなさい、もう!」

食べ終わると、かなごんといつまでも遊んでいるので、
「早く歯を磨いて、学校の準備して、も~!」

「ほら、水筒忘れてる、ハンカチ持った?ない?も~!!!」

私はウシか・・・?

主人は「自分の子だから仕方ない」と笑い、自分もお茶を忘れていく・・・。

これでいいのだろうかと思っていたところに、
同じ一年生の男の子を持つママさんと
イタリアンレストラン「伊風人」http://www.ifujin.com/info/index.htmlにて、
「一年坊主の現状を語る会(笑)」が行われました

お互い1歳児を持つママでもあるため、自分は冷えた食事が常。
お店で、アツアツ(もちろん美味!)のパスタを食べさせていただき、
食べる&しゃべるで大いに盛り上がりました(笑)
(あまりに盛り上がりすぎて、ランチの内容の写真を撮るのを忘れました・・・)

会の結果、

「うちの息子だけじゃなかった」

一年坊主、他所も同じ・・・(じゃない部分もあると思うけど)
でした。

ちなみに「伊風人」の奥さまのブログ、
「Chef’s Blog」http://ifujin.exblog.jp/8094058/は、
健康に生まれたことを感謝しなくてはいけないと再認識させられました

その翌日、いろいろ悩んでストレスが溜っていたので
タカシマヤに出かけ、一人(+かなごん)ランチ。
パン屋さんだけど。
2008062511480000.jpg

ドリンクは抹茶豆乳バナナジュース。
いつもは黒ゴマ豆乳バナナジュースなのだけど、
私的には後者の方が好きでした。

みくぼんの下校時間13時半までに帰宅。
「短い時間だったけど、気分転換になったわ」と思ったのは、
つかの間だったのでした

次回に続く・・・。

2008.06.27 Fri l 日記 l COM(10) TB(0) l top ▲
まだパンの焼き色を研究してます(我ながらしつこい(笑))

この自家製酵母パンを始めたのは2月。
いろいろ研究しました~。

うちのオーブンはレンジ兼の電気の2段式。
どうしてもおいしそうな焼き色がつかないので、
試行錯誤し、
ふと、いつも天板を使うのをターンテーブルにしてみました。

IMG_2501.jpg


まぁまぁ・・・、かな?

どの本を見ても「天板にのせて」と書いたあったし、
ピザとかは明らかに天板の方が良く焼けていたのだけど、
パンはターンテーブルの方が、
あちこちから熱が伝わりいいのだろうか。

焼いている途中、かなごんを抱っこしてオーブンを覗いていたら、
ピッと「とりけし」ボタンを押され、
慌てて続きを焼いたのだけど、
ひょっとして今までで一番良い焼き色かも。

次回もターンテーブルで挑戦してみま~す。

2008.06.20 Fri l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
お友達から梅を貰ったので、
氷砂糖と酢で梅サワーをつくりました

ume.jpg


約1kg、大きくて立派な梅です。

去年、初めて作った時は、何も考えずに出先で買った小梅。
今年は小梅はやめようと(洗ったりヘタを取るのが大変)、
いざ買おうとなったらどれがいいのかわからず、
買いそびれていたので、もらえて良かった

少し熟れていたので梅干し用かなと思って、
果実酒に詳しいお友達の聞きながら、完成
(完熟は梅干し向き。サワーにもできるけど爽やかさが少し違うそう。
 勉強になりました、ありがとう
できるのが楽しみ

そして天然酵母パン
IMG_2482.jpg

かのこを入れてみました。
相変わらず、焼き色がつきません。
過発酵、甘み、オーブンの上段・下段、温度と
週1,2回のペースで研究してみましたが、
これ以上焼くと、底が硬くなってしまうので、
うちの電気オーブンではこれが限界なのでしょうか?
味はグ~なのだけど。

IMG_2483.jpg

かのこが寄っちゃいました

そして、同じく天然酵母でスコーン
IMG_2481.jpg

このスコーン、元種(ヨーグルトが主)の風味がすごくして、絶品!
3日間ほど冷蔵庫で寝かせておけるので、
時間がある時に作り、気が向いたときに焼けるのも良い♪

今回、上のパンを上段、スコーンを下段で一度で
焼いてみました。
スコーンはまぁまぁ見本の写真に近い焼き色。
うーん、何故だろう?
焼き色には頭を悩ますばかりです・・・。

2008.06.19 Thu l 料理・お菓子 l COM(7) TB(0) l top ▲
先週木曜日にみくぼんの学校で
「ふれあい参観」なるものがありました。

なんじゃ、そりゃ?と思っていたら、
保護者と児童が一緒に何かをする参観で、
今年の1,2年のテーマは
「昔の遊びを教えてね」でした。

昔の遊びとは、
輪投げ、羽つき、あやとり、折り紙他9種類の遊びです。

2時間目の9時半からの45分間は、
かなごんが一番眠い時間。
なので、主人の母に出動してもらいました。
主人の母は、70を過ぎても、ママさんバレーの選手&コーチ。
男の子の遊びの相手もバッチリしてもらえると思っていたのですが、
みくぼんが選んだのは

あやとり

でした・・・

家でやっているところを見たことがないので、
当然、できませ~ん。
義母に来てもらえて良かったわ・・・。
それでも、広い体育館でひとりでクルクル回って、
バタッと倒れて泣くかなごん。

義母が「かわいそうに、かわいそうに」と何度も言うので、
ちょっと「私のせいって思ってる?」と内心思いましたが、
帰宅後、義母の目の前でかなごんが椅子から転げ落ち大泣き。
大人が何人いたって、目の前にいたって、
子供は落ちるときは落ちるのだ

「あやとり」を散々手に巻き付けたみくぼんは、
その後、ここ1年くらい朝から晩までやっている「折り紙」コーナーへ。

みくぼんは、学校ではサッカーをしているというけど、
実はインドア派だと私が気づいたのは、この家に引っ越してきた1年半前。
以前のマンションは同じ幼稚園の子がたくさんいたのだけど、
今の家の近所には友達がいなくて家にいたせいだろうか・・・。
メキメキとオタクぶりを発揮中。
ちと、心配
義母も周りの様子をみて「あまり体を動かすのは好きじゃないようね」。

そして、最近よく寝ぼけるみくぼん。
急に泣き叫んだりは時々あったのだけど、
先週の土曜の22時頃、私たちがTVを見ていると、
自分のベッドで寝ていたはずのみくぼんが下りてきたので
珍しいと思ってみると、

なんと、ランドセルを背負ってました。
しかも体操服の入ったカバンまで持って。

ランドセルと鞄をテーブルに置き、その場でグーグーと寝始めたみくぼん。
私たちはその様子を呆然と見ていたのだけど・・・。
主人が「一緒に寝ようね」と手をつないで、階段を上って行きました。
翌朝、本人は「えー?ランドセル?ぼくが?しらない・・・」。

ふーむ、いろんな点で心配な長男です



2008.06.16 Mon l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲
実家近くの商店街の鞄屋さんで発見しました。

2008061310310000.jpg


シマウマと金箔のランドセル。
いくらなんだろう?
買う人いるのかな?
思わずケータイで写真を撮ってしまいました。

ちなみにみくぼんのはマリンブルーのランドセルです。
2008.06.13 Fri l 日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
女性の大厄は33歳(さんざん)というのは有名だったけど、
次もあるというのを聞いたのは、昨日です。

もともと厄とは

「男性の場合は社会的にも責任が重くなり、
それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、
女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、
いずれにしても体調や精神的に不安定になりやすいとされている。
そのため、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとされている。」

ということらしい。

が、先月の私の、
目の上の500円玉大の吹き出物(完治に1ヶ月)、
階段から落下、
オーブントースターの扉を開けたらトレイが飛び出してきて火傷、
そしてオートロックの我が家から締め出され、
半日ホームレス主婦(+かなごん)になり、
不幸が多発

吹き出物はかなごんの外科通い疲れだと思うし、
階段から落ちたのはかなごんが1週間高熱で夜泣きがひどく、
寝不足だったせいだし、
火傷も締め出しも自分の不注意だし、
仕方ないんだけど

やはり言い伝えと言うのは、無視できない・・・。

そんな1ヶ月を過ごしたのち、昨日はお友達のランチ
Hana ArtのカフェVase Cafe。
こちらは1Fのお花と雑貨も素敵だけど、2Fのお料理もぐ~
しかも、子連れが多く、賑やかなので、
かなごん連れでも(でも、やっぱり迷惑だろうけど・・・)、安心お店。

スープ(ガラスの器だけど、温かいスープ)
2008060211470000.jpg

美しくて、おいしい~!

メインはチーズパン、ポークピカタいちじく添え、たっぷりサラダ、ピンチョス。
2008060211540000.jpg

ピンチョスって何?って思ったら、
もとはスペイン料理でパンに乗せたり、串刺しにしたおつまみらしい。
ようするに「手でつまめるおつまみ」。
パンの横の細長い春巻きっぽいのがあったけど、それかな??

デザートのカップパフェとコーヒー
2008060212170000.jpg


こんな素敵なランチに出会えたんだから、
今までも不幸は忘れよう・・・。

そしてカロリーも。

かなごん付きの落ち着かなランチにお付き合いしてくれたお友達から、
今、話題のエクササイズDVD「コアリズム」を頂きました

今まで「ビクトリー!」だったけど、
今後は「回して回して回して~!」と夏に向かって頑張ります
2008.06.03 Tue l 日記 l COM(8) TB(0) l top ▲