小学校3年の長男みくぼんのことです。

お友達にカメとメダカを飼っている子がいて、
魚好きのみくぼんとは2年生から仲良しです。
下校後、よく遊びに行かせてもらって、
カメの世話をやらせてもらっていました。

その子がブログを始めました。

お父さんと始めたらしいのですが、
記事は自分で入力しているよう。

先週のある日、6時間授業で16時過ぎに帰ってきたみくぼん。
その子が、「『遊びに来て』と言ったから行く」と、
宿題を終え、16時半ごろ出かけて行きました。
雨だから徒歩だし10分以上かかるけど、
17時には向こうの家を出るようにと言い聞かせ、
雨の中出かけて行きました。


そして帰ってくるなり、
「友達の家でパソコンを見たら、
 その子のブログにぼくの名前が載ってる、
 怒ってるって字が書いてある」と。

話を聞くと、
メダカの赤ちゃんが生まれて大きくなったので、
大きな水槽入れたら死んでしまった。
その日、手伝ったのがみくぼんで、
飼い主の子が「入れて良いよ」と言ったから一緒に入れた。
ということらしいd。

私も驚いて、その子のブログをみると、
「メダカが死んで責任深いことをした」と、
みくぼんの本名の後ろに「(怒)」の文字。

ただそれだけ。

経緯等はなし。
これじゃあ、みくぼんが死なせてしまったかのよう。

私は親としてより、
ブログをやっている人として、
毎日学校で会っているのに、
そういう話は無く、本名を出して、
いきなり(怒)と書くのはどうなんだろう?と思って、
ついその旨のコメントを入れてしまいました。
(一応、お父さんとやっているってことだし)


たまたまその子の電話番号を知っていたし、
お母さんと面識があったので、
翌日、どうしても気になってその子の家に電話しました。

「メダカが死んでしまって、
 ブログにそのことを怒ってる記事が載ってますが、
 (その子)大丈夫でしょうか?
 小さい学校だから、これからずっと子供同士付き合いもあるし」と。

その子のお母さんは
「パソコンは使わないからよくわからないけど、
 今朝、主人が見て、ブログはやめさせようと思ったところです」と。

お父さんが私のコメントを見てくれたようで、
みくぼんの名前と「怒」は消えてました。

写真付きでカメやメダカの観察をブログにつけていることは、
良いことだと思うんだけど、
やっぱりルールっていうのは守らなくていけないと、私は思うのよね。

ネット上で名前を出したり、
いきなりのあの記事じゃ、
読んだ人は何のことかよくわからない。

「本人はメダカが死んだことはそんなに気にしてないし、
 いろんな子が家に来て、メダカすくいとかしていたから、
 そのせいです。
 みくぼんのせいではないです。」
と言ってもらったけど、
こういうことが、中学生や高校生になって事件化したりするのかなぁと
思いました。
本人は全く悪気はないにしても。
冗談にしても。


みくぼんも気にするタイプではなく、
その子のご両親も「今日話をします」と言ってくれたけど、
子供が大きくなって来ると、問題もいろいろ大きくなってくるなぁと
近い将来がちょっと不安だなーと、いろいろ考えてしまいました。


私のしたこと(コメントや電話)は正しかったのかわからないけど、
今度、二人が今まで通り仲良くできるか、
ちょっと心配です・・・。






スポンサーサイト
2010.09.21 Tue l 息子 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
ちょっと、ビックリ!!
すごいですね、小3でブログとは~

大変でしたね。あまり例のない
内容だから、cacoさんも
結構気を使った事でしょう・・

そのお友達がどんなお子さんか
わかりませんが、ブログをやらせるなら、
更新するごとに親が確認してあげないと
いけなかったのでは!?っと思いました。

今の子達って、いろいろと便利になった分
いろんなリスクを抱える事になってるのかも。
勉強になりました。

いい方向に解決するといいですね!
私は、コメントも電話も正解だったと思います。
2010.09.21 Tue l クレヨンK. URL l 編集
☆クレヨンKさん
私も小三でブログ?と驚きましたが、
お父さんとということだし、
観察日記として良いことだと思ったんですよね。

文章は大人が書いたような難しい言葉も使ってあるのですが、
最後の例の一分だけはひらがな。
親が見てないうちに、そこだけ子供が書いたのかも。
新しいことが増えると、問題も増えますね。

後からずっとくよくよ悩んでいたのですが、
正解だったとコメント頂いてちょっと心がホッとしましたe-420
親身なコメントを頂いて、ほんとにうれしかったです、
ありがとうございましたe-454


2010.09.22 Wed l caco. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cacotan.blog17.fc2.com/tb.php/575-306ca1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)