6月初めに右の人差し指にとげが刺さって、
放っておいたら紫色になって痛い、という話の続きです。

7月になって外科に行き、
まだとげが残っているかもと切開したり、
抗生剤を飲んだりしてましたが、
一向に良くならず・・

挙句の果てに
「よくわからないから、抗生剤を長く飲んでみようか」と

たまたま会った、知り合いの針の先生から、
「別の病院に行ったほうが良いかも」とアドバイスを受け、
違う病院に行ってきました。

すると、
「関節は、何かが刺さって異物が入ったりすると、
 しこりになりやすいので、
 普段は痛くなくても、
 曲げたりぶつけたりするとしこりが神経に当たって、
 痛みが出ます。
 切開したことは、まだ異物が残っている可能性があるので、
 間違ってはいませんが、
 切開した後もしこりになっているので、
 なりやすい体質かもしれません。
 何か月単位ですが、時間が経てば段々しこりは消えます。
 その間、痛いですが、
 手術してもまたその傷がしこりになる可能性があるので、
 あまりお勧めしません。」

とのこと。


そうなんだ~、納得。

毎日、痛い紫色になっている指を見るたび、

「指、無くなったらどうしよう?

と不安でしたが、
そのままで良いなら、一安心

痛いけど、
慣れてきたのか、安心したからか、ちょっと痛くなくなったかも









スポンサーサイト
2013.07.18 Thu l 健康 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
たくさん痛い思いしたのに。

早く痛みが引きますように。
2013.07.20 Sat l tamachan. URL l 編集
☆tamachanさん
ほんとよー、
やっぱり切られ損だった気がする・・・。

取りあえず、そのままにして様子をみますe-454
ありがとうね。

2013.07.22 Mon l caco. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://cacotan.blog17.fc2.com/tb.php/934-93be3748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)